東京成徳大学深谷中学校 〒366-0810 埼玉県深谷市宿根559
S

S
 
 

News

お知らせ
12345
2017/06/21

親友からの相談「きみならどうする」(5年生)

| by mera
6月20日(火)、先日の性教育講演会を受けて、高校2年生と中高一貫の5年生が、各クラスで性教育にまつわるグループワークを行いました。
内容は、親友からの相談に自分ならどう答えるかをまず考え、各グループで意見交換をするというものです。

それぞれが自分の意見を発表し、真剣に議論し合いました。
 

各班とりまとめられた意見を全体に発表します。
 

最後は全体を通して、感じたことを書きました。


人によって立場や考え方に違いがあるということを知ることができた今回のグループワーク。
難しい問題だからこそ、さまざまな人の意見に耳を傾け、視野を広げて、真剣に考えるきっかけになればと思います。
07:50
2017/06/19

研究授業が行われました。

| by mera
6月17日(土)中学2年生の教室で、実習生の木内先生による社会科の研究授業が行われました。

授業では、自然災害と人びとの生活について学習しました。
ワークシートやグループワークなどを通して、災害を対岸の火事ではなく、もっと身近なものとしてとらえることができたようでした。
 

17日は、木内先生にとって実習最後の日です。
授業のあと、生徒を代表して2年生の小澤さんと3年生の久保田君から、感謝の言葉か述べられました。
 

そのあとは生徒を代表して渡邉さんからお花のサプライズ。


最後はみんなで、はいチーズ。


木内先生、ありがとうございました!
16:29
2017/06/19

中1 東京大学見学会

| by yamasita
6月17日(土)、東京大学に行ってきました。
正門に集合し、見学会スタートです。
案内役の東京大学大学院生の向井さんとともに、広いキャンパスを散策します。


赤門前で集合写真です。この場所に学生として帰って来れるようにがんばりましょう。
  

見る物すべてが新鮮そのもの。耳を傾ける生徒たちの表情も真剣です。
 

農学部のキャンパスでハチ公に会えました。


見学後は、学生も利用する中央食堂で好みのメニューを各自選んで昼食を食べました。
知的好奇心に溢れた、実りある3時間となりました。
09:37
2017/06/14

普通救命講習会が行われました。(1~3年)

| by mera
6月13日、深谷消防署において普通救命講習会が行われました。
まずは消防士の方から救命の知識と技術の必要性や、救命の方法などについてわかりやすく教えていただきました。


講義の後、実際に人形を使って実演をして見せてくれました。
本番さながらの演技に、見つめる生徒のまなざしも真剣です。


さあ、いよいよ実習です!
班に分かれて、一人一人順番に教えてもらったことを思い出しながらやってみます。
消防士の方の話にも興味深そうに耳を傾けていました。
 
 
次は学校にも設置してあるAEDの使い方です。
機械の操作のしかたやパットの張り方などを、やはり訓練用の機械を実際に使って学びました。
  
 


いつどこで救命の知識が必要となる場面に遭遇するかわかりません。
今日消防署の方に教えていただいた事を繰り返し反復し、どんなときでもためらうことなく率先して命が救える実践力を普段から磨いておきましょう。
17:39
2017/06/14

中1 ミナミヌマエビの観察

| by yamasita
6月14日(水)、1時間目の理科2の授業でエビの観察をしました。

植物の組織に続いて、本時は動く水中生物を観察します。本時では、大きく観察しやすいミナミヌマエビの観察です。
 
エビは動くので捕まえるのもひと苦労です。エビを傷つけないよう優しくスライドガラスに乗せましょう。


1年生も顕微鏡の取り扱いがうまくなりました。操作手順も完璧です。
明日の理科2では水中の植物と微生物を観察、スケッチします。
10:01
2017/06/13

性の教育講演会が実施されました。

| by mera
本日第2・3校時、柔剣道場において性の教育講演会が実施されました。
講師として、埼玉医科大学社会医学医療センター助教・日本家族計画協会クリニック非常勤講師の高橋幸子先生をお招きして、高校2年生・中高一貫5年生を対象に、性に対する知識と命の大切さをわかりやすく話していただきました。

まず始めに、校長より挨拶と、講師の先生の紹介がありました。


スライドや動画を交えつつ進むテンポの良い先生の話に、生徒達も関心を持って耳を傾けているようでした。


それぞれが今、あるいはこれから先、必ず向かい合うことになる「性」。
あふれる情報に踊らされることなく、このような機会に正しい知識と判断力を身に付け、大切な命に思いを馳せられる人になってほしいと思います。
14:23
2017/06/13

朝の挨拶運動

| by mera
本日の朝、小島進深谷市長さんとふっかちゃんが挨拶運動のために来校しました。
市長さんと生徒たちの元気な挨拶が響いていました。

 
14:20
2017/06/10

NZ学期留学報告会

| by yamasita
6月10日(土)中学生1~3年生を対象に、3限の学活の時間を使ってニュージーランド学期留学の報告会を行いました。
報告してくれたのは、学期留学に行った5名の4年生。
それぞれに観点の異なった、個性豊かな報告会となりました。

トップバッターは新島先輩。
アットホームな雰囲気ではじまった報告会の第一声は、「学期留学に行くべき」でした。
ユーモア溢れる先輩の体験談に、会場からは笑いがおきていました。


2番目は折原先輩の報告です。
留学中に通っていた現地校の紹介は、学期留学を考えている生徒にとって良いアドバイスとなりました。


3番目は加藤先輩の報告です。
加藤先輩は現地校で学んだマオリ文化の説明や、ハカの踊りを披露してくれました。
堂々とした踊りは見ていて本当にかっこよかったです。
 

4番目は笠間先輩の報告です。
笠間先輩は、現地校のカリキュラムや日課について説明してくれました。
数学は、日本の方がレベルが高いようですよ。


最後は加島先輩です。
ニュージーランドでの学校生活やホストファミリーとの生活について事細かに説明してくれました。
NZ学期留学で得たものは多いが一番は「親のありがたさがわかったこと」と述べた加島先輩の一言には、聞いていた中学生も感動していました。
 

現地校の様子や学んできた授業の内容などなど、3ヶ月間生徒たちが体験してきた生活の様子が、体験した生徒自身の声で聞くことができた、貴重な報告会となりました。

中学生のみなさん、ぜひNZ学期留学に行きましょう!
13:00
2017/06/09

第51回体育祭が実施されました。

| by mera
6月7日(水)仙元山陸上競技場において、中学・高校合同の体育祭が実施されました。
中学生は、3学年が2チームに分かれて戦います。
今年度のチームの名前はASTROとWINNERです。
4年生と5年生は、それぞれ異なるブロックで戦います。
心配されていた空模様も何とか持ちこたえ、運動するにはちょうど良い天気となりました。

選手宣誓の声も高らかに、体育祭の開幕です!


短距離ではクラスから選ばれた駿足のランナーが、足の速さを競いました。 
 

 

 

4年生にとっては初となる高校生の種目、「棒取り」。
得点の異なる赤と青の棒を素早く取りに行き、獲得した棒の点数を競います。
スピード勝負のこの競技。スタートの合図と共に、お目当ての棒を目指してまっしぐらに走っていきました。
 

 

 

400mリレーは本日最初のリレー競技。足の速さはもちろん、スタートダッシュやバトンパスのうまさも重要です。
 

 

10人11脚では、声を合わせ、足をそろえてゴールを目指しました。
10人が心をそろえないとうまくいかない競技ですが、みんな息がぴったりですね。
 

 

こちらは体育祭人気の障害物リレー。
1走・2走は麻袋とボール運び。
 



3走・4走はパン食いとハードル飛び、5走・6走は竹馬と網くぐり。
 

 



そして7走・8走がハードルくぐりとアメ探しです。
小麦粉の中から手を使わずにアメを探し出します。
 

みんないい顔です。


高校生の種目、2つ目は「船頭渡し」。
馬をどんどんつなげながら、その上を駆け抜けそのスピードを競います。
まずはスタートダッシュ!
 

4年生もがんばりました。


綱引きでは、クラスメイトすべての力を綱に込め、全力で引きました。
 

 

続いて大縄跳び。
1分30秒の間に何回跳べるかを競います。
互いに声を掛け合い、心を合わせて最後まであきらめずに跳び続けました。
 

 

続いての種目はローハイド。
おもりのついた縄を持ち、折り返し地点に置いてある机の上の一斗缶を倒したら戻ってバトンタッチします。
うまく目標を定めて回さないとなかなか当たらないのですが、みんなとても上手でした!
 

高校生の種目3つ目は男子による「スウェーデンリレー」。
そして最後がHR対抗リレーです。
このHR対抗リレーはクラス全員参加の、言わばリレー種目の花形です。
足の速さはもちろん、バトンパスなどチームワークの良さも大切なこの競技。
最後まであきらめず、それぞれがそれぞれの力を出しきって走り抜きました。
 

 

白熱した競技のあとは、ダンス部とチアダンス部の素晴らしい演技を楽しみました。
中学生も、高校生のお姉さんたちと一緒に演技を頑張りました。
 

ドキドキしながらの結果発表です。
結果はWINNERが1位となりました。


少ない人数の中、一人一人が多くの種目に出場することになった今回の体育祭でしたが、一人としてあきらめず、勝利を目指して取り組む姿勢は実に立派でした。
学年の枠を越えた交流が出来るのも体育祭です。
高校生が中学生を応援する姿はほのぼのとしていて、心あたたまる光景でした。
クラスが同じ目標に向かって一つになることができた、良い一日になったのではないでしょうか。

来年度はいよいよ6学年がそろいます。
みんなで力を合わせて、来年度もいい体育祭にしていきましょう。


今日は一日お疲れ様でした!
10:52
2017/05/31

宿泊農村生活体験(最終日)

| by mera
さあ、いよいよ最終日。
昨日に引き続き、各家庭でさまざまな体験を行いました。
 

どこを見渡しても景色がきれいです。
 

葉と茎を分けるお手伝いをしました。
分けた葉にはこんなふうに、ご飯を包むのに使います。
 
みんな笑顔が輝いていますね。

そしてお世話になった方々とのお別れの時。
感謝の気持ちを込めて挨拶をしました。
得るものの多い、本当に楽しいホームステイでした。


最後は新潟を代表する棚田をバックに記念撮影。
 

自然に囲まれ、触れ合いながら、さまざまな体験にチャレンジした3日間。
最初から最後まで、好奇心に輝く瞳とまばゆい笑顔にあふれた宿泊農村生活体験となりました。
12:25
12345
東京成徳大学深谷中学校 〒366-0810 埼玉県深谷市宿根559 
TEL.048-573-1784 / FAX.048-572-1791 / Email.info@tsfj.jp
Copyright (C) Tokyo Seitoku university fukaya junior high school.,All rights reserved.